Track Google Rankings plugin provided by seo.

映画オタク・ロケ地ツアー

映画の都ハリウッドの映画ロケ地をご案内します。

ロサンゼルスと言えば、映画の都ハリウッドがあります。 それゆえ、「夢工房」とも言われるロサンゼルス。 ユニバーサルスタジオやワーナーブラザース、パラマウント、そしてソニーピクチャーズなどアメリカの大手映画会社のスタジオツアーなどもあり、まさにハリウッド映画を肌で感じられる街です。 そして、スタジオ以外にも普段ロサンゼルスの街中ではごく普通に映画、テレビ、ミュージックビデオ、コマーシャルなどの撮影が行われています。 まさに、街全体がユニバーサルスタジオと言っても過言ではないのです。 そんなロサンゼルスで撮影された様々な映画のロケ地を映画オタクのガイドが超マニアックに、BGMを流したり、その映画のシーンを実際にご覧いただきながら、ガイドして参ります。 ロサンゼルスでは、業界初のビデオ映像付きハリウッド映画ロケ地ツアーです。 乞う、ご期待!

催行日: 催行可能な日はいつでも

催行時間: お好きな時間にあわせて何時間でも(下記の場所よりご希望の場所をお選びください。お時間のお見積もりをいたします。)

最低催行人数: お一人様から

料金: チャーター扱いで、1時間50ドル(チップ込:7名様ご乗車可能ミニバン)

ツアー代に含まれるもの: 日本語ガイド代、車両代など

ツアー代に含まれないもの: 駐車場代、入場料、ドライバーチップなど 

写真

場所

映画

解説

ロサンゼルス空港 「シティ・オブ・エンジェル」「ダイハード」「インターネット」など ニコラス・ケイジ、メグ・ライアン主演の映画「シティ・オブ・エンジェル」で黒装束をまとった天使達が空港の滑走路に並んで、立っているシーンが撮られた場所。映画「ダイハード」でも写真の展望台レストラン「エンカウンター」が登場。
ベニスビーチ 「スピード」「ドアーズ」「パンピング・アイアン」「サーカス」「インターネット」など。 キアヌ・リーヴスとサンドラ・ブロックが主演した映画「スピード」でバスの運転手がコーヒーショップ(写真の赤い建物)から出てきて、バスに乗り込み、数十メートル先で、爆発炎上するシーンが撮られた場所。その後、近くの公衆電話から脅迫電話がかかって来る。
サンタモニカ・ピア 「フォーレスト・ガンプ~一期一会~」「インターネット」「ミスター・ビーン」など トム・ハンクス主演の映画「フォーレスト・ガンプ」でアラバマの自宅から、大陸横断マラソンをして、西海岸に辿り着いた時に、サンタモニカの有名な桟橋のアーチをくぐるシーンで登場。他にサンドラ・ブロック主演の「インターネット」「ミスター・ビーン」などでも登場する有名な桟橋だ。
サンタモニカ・プレイス・立体駐車場 「ターミネーター2」 現在新しいモールに改装中のため、工事中だが、かつてはシュワちゃん主演のターミネーター2でエドワード・ファーロングが悪いターミネーターにバイクで追っかけまわされた駐車場がここ。その前に出てきたゲームセンターも撮影のために作られたセットだったらしい。
ジョージアン・ホテル 「ゲット・ショーティ」 映画「ゲット・ショーティ」で、マイアミのホテルとして登場し、ジョン・トラボルタが車でこのホテルの前に登場し、中に入っていくシーンが撮られている。
20世紀フォックス社 「サウンド・オブ・ミュージック」「スターウォーズ」など 「エイリアン」「ダイ・ハード」「スピード」「タイタニック」「24」など大ヒット映画やテレビドラマを多数排出してきた20世紀フォックス社。残念ながら、他の映画スタジオのような一般客用のツアーはないので、外から眺めることしかできないが、近くには「ダイハード」や「リーサルウェポン」のロケ地がある。
インターコンチネンタル・ホテル・センチュリー・シティ 「リーサルウェポン2」「ポイント・オブ・ノー・リターン」など 「リーサルウェポン2」でメル・ギブソンがジョー・ペシをここのプレジデンシャルスイートで警護し、プールに落下したシーンを実際に撮影した場所。また、「ポイント・オブ・ノーリターン」では、ブリジット・フォンダがホテルの一部を爆破するシーンの舞台となった。
フォックス・プラザ 「ダイ・ハード」 ブルース・ウィリス主演の映画「ダイ・ハード」で、ロサンゼルス空港から黒塗りのリムジンに乗って、クリスマスに奥さんを尋ねにやってきた日系の会社ナカトミビルにテロリストが立てこもり、このビルの33階、34階でかなり激しい爆破シーンを撮影した。
ビバリーヒルズ高校 「素晴らしき哉、人生!」 アメリカでは必ずクリスマスに放送されるジミー・スチュワート主演の映画「「素晴らしき哉、人生!」。この映画でジミーとドナ・リードが高校のプロムのダンスで、体育館でダンスをしている時に、中央の床が開き、プールに落ちてしまうシーンが撮られた。他にも、「ビバリー・ヒリビリーズ」でも登場する。
ビバリー・ウィルシャー・ホテル 「プリティ・ウーマン」 リチャード・ギアとジュリア・ロバーツが共演して一世を風靡した映画。この映画でリチャード・ギアがハリウッドでジュリア・ロバーツを拾い、このホテルの正面入り口に乗り付けるシーンが撮られた。そして、ちょうど真上にあるペントハウスに彼が泊まっている設定で撮られている。
ロデオ・ドライブ 「プリティ・ウーマン」「ターミネーター3」など 映画「プリティ・ウーマン」でジュリア・ロバーツがお買い物する通りで有名だが、最初に彼女が娼婦の格好で訪れた時に入店を拒否されたシーンと撮ったお店もこの通りにある。「ターミネーター3」では、女のターミネーターが生まれて、高級車を乗っ取るシーンがロデオドライブで撮影されている。
ロデオ・コレクション 「ボディ・ダブル」 ブライアン・デパルマ監督の映画「ボディ・ダブル」で主人公が一目ぼれした女性が買い物をし、このモールのバレーパーキングで車を待っている時に、下着をくずかごに捨て、主人公の男がそれを拾うシーンがこのロデオ・コレクション内で撮影されている。
ビバリーヒルズ市庁舎 「ビバリー・ヒルズ・コップ」 エディー・マーフィー主演の映画「ビバリー・ヒルズ・コップ」のラストシーンの銃撃戦のシーンがこの市庁舎のビルの前庭で撮影されている。鉄片の冠には、純金を使用しているそうだ。
グレイストーン・パーク(ドヘニー・マンション) 「幸福の条件」「ボディーガード」「ラッシュ・アワー」「真実の瞬間」「永遠に美しく」「ゴーストバスターズ2」「バッドマン&ロビン」「ハート・オブ・ウーマン」「「イーストウイックの魔女たち」 石油王のウィリアム・ドヘニーが自分の息子夫婦のために作らせた55部屋ある豪邸。ロバート・レッドフォードとデミ・ムーアが共演した「幸福の条件」で大々的に使用されたのをはじめ、数多くの映画のロケ地としても登場する。「ラッシュアワー」や「ボディガード」ではこの屋敷の外側部分が使用された。
ビバリー・センター 「ボルケーノ」 トミー・リー・ジョーンズ主演の映画「ボルケーノ」でロサンゼルスの町を溶岩が飲み込むシーンで登場するビバリーヒルズ最大のショッピングモール。1階から5階までが立体駐車場で、6~8階が店舗やフードコート、映画館になっている。
エムサー・タイル・ビルディング 「リーサル・ウェポン」 メル・ギブソン主演の映画「リーサル・ウェポン」でこのビルから飛び降りようとするサラリーマンをタバコで釣って助けようとするが、手錠をはめて一緒に下に飛び込むシーンが撮られたビル。
シェリー・カフェ 「ミリオンダラー・ベイビー」 クリント・イーストウッド監督のオスカー受賞作「ミリオンダラー・ベイビー」で主役のヒラリー・スワンクが働いていたカフェとして登場する。実際、ロケの時はこの店を数日貸し切って、撮影された。
チャイニーズ・シアター 「アビエイター」など レオナルド・ディカプリオ主演の映画「アビエイター」でデカプリオ扮するハワード・ヒューズがジーン・ハーロウ扮するグウェン・ステファニーと「ヘルズ・エンジェルズ」のプレミアで、ここのレッドカーペットを通るシーンが撮影された。実際に、この映画館では頻繁にプレミアが行われている。
山城レストラン 「さようなら」「60セカンズ」「チャーリーズ・エンジェル」「さゆり」など。 日本人で初のアカデミー助演女優賞を獲得したナンシー梅木出演の「さようなら」やニコラス・ケイジの「60セカンズ」ではバレーパーキングの車が高級車の窃盗団に盗まれるシーンがこのレストランの入り口で撮影された。「リーサルウェポン」のプレミアの後には、この店でアフターパーティーも開かれた。
ハリウッド・ユナイテッド・メソジスト教会 「天使にラブソングを」「バック・トゥー・ザ・フューチャー」など ウー・ピー・ゴールドバーグ主演の「天使にラヴソングを」やマイケル・J・フォックスの「バック・トゥー・ザ・フューチャー」などでこの教会の中のステージが使用された。
ハリウッド・ヘリテージ博物館  ハリウッド映画の歴史を勉強できる博物館。 映画の父、セシル・B・デミルなどの貴重な資料がある。
ハリウッド・ボウル 「フォーエバー・フレンズ」 映画「フォーエバー・フレンズ」でベット・ミドラーがコンサートのリハーサルを行う場所として登場する。 他にも様々な映画で登場する。
ハリウッドにあるラス・パルマス・ホテル 「プリティ・ウーマン」 映画「プリティ・ウーマン」でジュリア・ロバーツがアパートとして住んでいた場所。映画の冒頭で、彼女が非常階段から降りてくるシーンや最後のクライマックスシーンでリチャード・ギアが非常階段の下から、登って来て、彼女に花束を渡す感動のシーンが撮られたのもここである。
芸者ハウス アッシュトン・カッチャーのお店 デミ・ムーアの旦那さんで俳優のアッシュトン・カッチャーが経営する日本食レストラン。外の漢字のデザインがアメリカらしくて、斬新で良い。
ハリウッドの駐車場 「オーシャンズ11」  一見ただの青空駐車場だが、映画「オーシャンズ11」でジョージ・クルーニーとブラッド・ピットが乗ったオープンカーがこの駐車場に止まるシーンで登場する。
床屋 「ゲット・ショーティ」
ハリウッド・サイン 「ハリウッド殺人事件」「キッド」  一般のツアーでは、決して連れて行ってもらえない、知る人ぞ知るハリウッドサインの下に弊社のツアーはお連れします。 ハリウッドサインをバックにお写真を撮れますので、ロスの良い思い出になります。
全米アカデミー協会 毎年2月の終りから3月の初めにハリウッドのコダックシアターで開催されるアカデミー賞の本部。 今までに行われたアカデミー賞のあらゆる資料がここに保管されている。
ロサンゼルス 「LAコンフィデンシャル」 ラッセル・クロウやキム・ベイシンガーなど出演した「LAコンフィデンシャル」で映画館として登場した建物。
アメリカ映画協会(AFI) 「AFIアメリカ映画100年」シリーズでお馴染みの、アメリカ合衆国における「映画芸術の遺産を保護し、前進させる事」を目的とする機関。1967年に設立され、主にアメリカ芸術機関、映画テレビ産業などから資金を得ている。
グリフィス天文台 「理由なき反抗」「ターミネーター」「チャーリーズエンジェル」「ロケッティア」など ジェームス・ディーン主演の「理由なき反抗」で大々的に登場し、彼のバストから上の銅像がある。「ターミネーター」で最初にシュワちゃんが生まれて、ギャングの服を奪うシーンでも登場し、「チャーリーズ・エンジェル・フルスロットル」では、デミ・ムーアと3人のエンジェルが格闘するシーンで登場する。
チャイナ・タウン 「ラッシュ・アワー」 ジャッキー・チェン主演の映画「ラッシュ・アワー」でこの中華料理店の2階から降りてきて、1階での格闘シーンが撮影された。実際、この店の外壁には、「この店でラッシュ・アワーが撮影さました。」と誇らしげに書いてある。
ホテル・フィゲロア 「コラテラル」 トム・クルーズとジェイミー・フォックスが共演した映画「コラテラル」でジェイミー・フォックスの運転するタクシーがこのホテルの前で横転するシーンが撮られた。
高層アパート 「マイノリティ・リポート」
ビルトモア・ホテル 「ビバリー・ヒルズ・コップ」など エディー・マーフィー主演の「ビバリー・ヒルズ・コップ」で他の白人の刑事の車の排気口にバナナの皮を詰め込むシーンやその他300以上の映画の撮影に使われている。
ライブラリー・タワー (US バンク・タワー) 「インディペンデンス・デー」 映画「インディペンデンス・デー」でエイリアンに爆破されてしまうビルとして登場する。73階建てでダウンタウンで一番高い高層ビルだ。
ユニオン駅 「レインマン」「グランドキャニオン」 映画「レインマン」でトム・クルーズがダスティン・ホフマンを駅の構内まで送っていくシーンで登場する。他にも、「グランド・キャニオン」やライフ・ハウスのPV「ユー・アンド・ミー」のPVにも登場する。
ダウンタウンのトンネル 「ブレード・ランナー」「リーサルウェポン2」「インディペンデンスデー」「エネミー・オブ・アメリカ」「デモリッションマン」「コンエアー」「ロッキー4」など 「インディペンデンスデー」では、迫り来る炎から、女性と子供と犬がこのトンネルのドアに駆け込むシーンが撮られた。「エネミー・オブ・アメリカ」ではウィス・スミスがFBIに追われるシーンが。ボンジョビやグーグードールズのPVなどにも登場する有名なトンネルだ。
ウェスティン・ボナベンチャー・ホテル 「」「ザ・シークレット・サービス」「リーサル・ウェポン2」「ニック・オブ・タイム」「ストレンジデイズ」「バーチュオシティー」「レインマン」「ヒート」など 「ザ・シークレット・サービス」でクリント・イーストウッドが大統領暗殺を阻止した会場となり、「トゥルーライズ」ではアーノルド・シュワルツネッガーが馬に乗ってホテル内を走りまくり、「ニック・オブ・タイム」でもホテル従業員を含め大々的に登場し、「ヒート」では激しい銃撃戦のシーンがホテル前で撮られた。
グランド・セントラル・マーケット 「シティ・オブ・エンジェル」 映画「シティ・オブ・エンジェル」でニコラス・ケイジとメグ・ライアンが洋ナシを買うシーンで登場する。
ブラッドベリー・ビルディング 「ブレード・ランナー」「ウルフ」「告発」「マーフィーズ・ロー」など このアールヌーボー調のインテリアの建物はハリソン・フォードの「ブレードランナー」の舞台となり、ジャック・ニコルソンの「ウルフ」、ケヴィン・ベーコンとクリスチャン・スレーターが共演した「告発」、そしてチャールズ・ブロンソンの「マーフィーズ・ロー」でも使用された。
ジャイアント 「セヴン」 ブラット・ピット主演の映画「セヴン」でこのビルの上の部屋で人が殺されているのが発見された場所。 当時は、1階が「ジャイアント」というディスカウントストアだったが、今はその店はない。
ロサンゼルス・シティ・ホール 「スーパーマン」「刑事コロンボ」「LAコンフィデンシャル」「48時間」など 昔のテレビシリーズの「スーパーマン」やピーター・フォークの「刑事コロンボ」、ラッセル・クロウやキム・ベイシンガーなどが出演した「LAコンフィデンシャル」、エディー・マーフィーとニック・ノルティーが共演した「48時間」などで登場している。
カリフォルニア運輸局 「ミスター&ミセス・スミス」 ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーが夫婦で共演した映画「ミスター&ミセス・スミス」で登場したカリフォルニア運輸局の建物。
グランド・アヴェニュー高架下のトンネル 「ワイルド・スピード~東京ドリフト~」 ダウンタウンのグランド・アヴェニューの高架下は、数年前に映画「ワイルドスピード~東京ドリフト~」でカーチェイスのシーンで使われました。写真はたまたま近くを通りかかり、撮影したものです。日本の自動販売機、ドラッグストア、信号や標識も全て日本にいるかのように精巧に作られておりました。
ホテル・バークレー 「マーフィーズ・ロー」 チャールズ・ブロンソン主演の「マーフィーズ・ロー」で女性の犯人が住んでいるアパートとして登場する。そして、このロビーが映画でも登場するが、他にも様々な映画で登場している有名なホテル。
ギャンブル・ハウス 「バック・トゥー・ザ・フューチャー」 元は、P&Gの創始者の一人ギャンブル氏の邸宅として、グリーン兄弟が設計して1908年に建てられた家。 アメリカ合衆国国定歴史建造物にも認定されている。 今はパサデナ市が所有しているが、南カリフォルニア大学が管理している。ボランティアによる有料のツアーも定期的に催行されている。 映画「バック・トゥー・ザ・フューチャー」パート1&3でドク・ブラウンの家として登場する。
シュライン・オーディトリアム 「キングコング」「裸のガンを持つ男パート33と1/3」「ファール・プレイ」「ドアーズ」  1926年に建立。過去にオスカー、グラミー、アメリカンミュージックアワード、エミー賞、MTVミュージックアワード、ソウルトレインミュージック・アワード、BET賞など様々な授賞式会場として活躍してきたが、格授賞式共々、次第により新しく広い会場へと移って行き、今は毎年行われているBET賞以外は、コンサートやサーカスなどのイベント会場として利用されることが多い。

必ずお読みください。

*キャンセルポリシー

*基本的にツアー催行日の2週間まではキャンセル料はかかりませんが、2週間を過ぎますと、100%のキャンセル料がかかりますので、ご了承ください。 チケット代が発生するツアーに関しては、お申込を頂いた時点でチケット代はキャンセルできませんので、予め御了承をお願いいたします。(7/1/2012 より改定)

 

FX取引を始めたトレーダー