Track Google Rankings plugin provided by seo.

パイレーツ・ディナーアドベンチャーへ行ってきました!

2012-05-03

こんにちは。Reikoです。

GWも中盤に差し掛かっておりますね。 日本のみなさま、いかがお過ごしでしょうか。

ここロサンゼルスの最近のお天気は曇りがちです。 通常、朝曇っていてお昼から晴れてくるパターンがおおいのですが、昨日も、今日も、曇りがちです。

明日ははれるといいなと願いながら、今日の話題に行きま~す。

 

先日、家族で、ナッツベリーファームの近くにあるパイレーツショーをみながら食事が出来るという、「パイレーツディナーアドベンチャー」へ行ってきました。

いつも横を通るたびに気にはなっていたのですが、なかなかチャンスがなく、入ることもなかったのですが、今回体験してきました!

では、パイレーツディナーアドベンチャーをご紹介いたします。

 

夜7時からのディナーショーですが、午後5時半からのオープンということで、いつも早めにつくのが好きな私たち。午後5時20分ごろ会場に到着しました。

すでに、10人以上の列があり、待っている間にも、大型バスが到着し、おしゃれをした高校生達が続々到着していました。

学校のイベント関連なのでしょうか。

午後5時半になり窓口が空いたので、チケットを購入して、とうとう中に入りました。

入り口付近にパイレーツのハットなどが置いてあり、写真を撮ってくれます。

 

ショーの後にこんな写真に加工してくれて売りに来てくれます。1枚20ドル。 いい記念になりますね!

その後中に入ります。そのパイレーツショーの開催される会場まではまだ、入れないのですが、それまでは、おみやげ物やさんをみたり、ドリンクバーで飲み物を注文したりしながら時を待ちます。

 

待っている間にはウェイトレス・ウェイターさんが、無料でフライドチキンや、サンドイッチなど配ってきてくれます。 下の写真の腰に赤いバンダナを巻いている人がそうです。待っている間はほとんどエンドレスでやってきます。私たちがよく食べるので、何度もきてくれました。(笑)

おなかがすいていた私たちは、いっぱいつまんでしまいました。しかしこれが後で後悔する事に・・。
夜7時に近づいてきた頃、ドリンクバーのあたりが騒がしくなってきました!

とうとうショーの始まりのようです。でも、これは、まだ会場ではありません。 奥をのぞいてみると、パイレーツショーのキャストの人たちが前座をしていました。

 

この後、数人の海賊達が現れて、色を呼ばれます。 そう、この色はチケットを買った際に、指定される色で、各パイレーツのイメージカラーとなります。

私たちは紫だったので、「Purple~~」と呼ばれた後、そのむらさき色のベルトをしたパイレーツについてやっと会場に入ります。

会場には、ムラサキ、黄色、青などのヘッドバンドをした人が居ました。

会場の中には海賊船があり、それが、物語の舞台となっているようです。

ショーの前には余興で、パイレーツたちが海賊船を走り回って観客を和ませてくれています。

そして、その後は、ショーが始まります。

アクションあり、ドラマあり、笑いあり、ロマンスありで、とっても楽しい内容です。

ショーの間に食事も運ばれてきます。

これは、チキンディナーですが、サイズが本当にアメリカン!! 私は、例のつまみ食いをしすぎて、ほとんど口に入らないくらいでした。

ですので、これから行かれる方はつまみ食いのしすぎは要注意してくださいね!!

余談ですが、この後、家にお持ち帰りをして、次の頂きましたが、チキンはやわらかくてびっくりするくらいおいしかったんです。

だから、出来たてを食べていればもっとおいしかったんだろうなあと思いました。

スープとサラダが選べますが、これはスープです。

思わず食べ初めて写真を撮ってしまい、食べかけでごめんなさい。

私たちのムラサキパイレーツです。名前はサクソン。とってもおちゃめで、面白いキャラクターの彼でした。 しかし常に動いているので、はっきり写っていませんねえ。

 

ショーは、1時間半。英語で理解できない部分もあったりはしましたが、見た目だけで楽しむことは充分出来ました。

子供二人もとっても楽しめたようで、よかったです。

最後にサクソン君と写真を撮ればよかったのに、撮らなかったのが残念。

ショーの後もキャストと写真撮影していました。 観客の子供達や、大人も、選ばれば、舞台に上がって観客が一体になって盛り上がります。

観客参加型のショーで、本当楽しかったです。

 

次は是非体験してみてくださいね!

興味がございます方はドリームズカムツアーズでもパイレーツショーとディナーツアーツアーを作りましたので、是非お問合せください。

 

 

FX取引を始めたトレーダー