Track Google Rankings plugin provided by seo.

LAミステリーツアー

ロサンゼルスは、1800年代の終わりにハリウッドが誕生して以来、映画やエンターテイメント業界にちなんだ場所がたくさん生れました。それと平行して、様々な事件や事故の後に、いわゆる「いわくつきの場所」やスキャンダル、ゴシップの場所もたくさん生れました。

このツアーでは、そんなロサンゼルスやハリウッド、ビバリーヒルズにあるミステリースポット、スキャンダル、ゴシップなどに焦点をあてて、皆様をLAの都市伝説、ミステリースポット、いわくつきの場所、スキャンダルな場所をゴシップネタなどを交えてご案内いたします。題して「LAミステリーツアー」。 身の毛もよだつ場所がたくさんございますので、心臓の弱い方はご遠慮ください。

催行日: ご希望の日をお知らせください。

催行最小人数: お1人様から~最大7名様まで。

料金: 1時間50ドル(チップ込:7名様ご乗車可能ミニバン)。ご希望の場所にあわせて、お見積もりいたします。

料金に含まれるもの: 車両代、日本語ドライバーガイド代。

料金に含まれないもの: 食事代、駐車場代、入園料、入場料など。

催行時間: ご希望の場所によります。

キャンセル料: 催行日の2週間前までキャンセル料はかかりませんが、2週間過ぎますと全額かかりますのでご了承ください。

イメージ写真

場所の名称

解説

マイケルジャクソンの『スリラー』で使用された、題してスリラー通り

 1983年のマイケルジャクソンのショートフィルム『スリラー』の後半部分で、マイケルがゾンビとダンスを踊るシーンが撮影された通り。周囲の治安はあまり良いとはいえないので、夜はある意味スリリングだ。

ロサンゼルス郡検死所

 マリリンモンロー、ケネディー兄弟、シャロンテート、ジョンベルーシ、リバーフェニックス、ニコールブラウンシンプソン、ブリタニーマーフィー、三浦和義さんなどの検死が行われた有名な検死所。

リンダ・ビスタ

コミュニティー病院

 元々鉄道作業員のための病院として建てられたが、あまりにも死亡率が高いため、患者の遺族らに訴えられ、1991年に閉院された。その後、怪奇現象のメッカとして、度々テレビでも取り上げられ、数々の映画、テレビドラマ、ミュージックビデオのロケ地としても登場する。

三浦和義氏のロス疑惑事件現場

 1981年から82年にかけて、ロサンゼルスで起こった邦人銃殺・傷害事件。結局、真相が分からないままサイパンで拘束され、ロス市警に移送された三浦和義氏は亡くなってしまった。

Fホテル

 1925年にYWCAとして建てられたが、1930年代の大恐慌でホテルに生まれ変わった。エレベーターが自然に動いたり、テレビが勝手について消えないなど、宿泊客から度々超常現象が報告されている。ロビーの銅像には、かなりの霊が取り付いているらしい!?ある旅行会社のガイドがこのホテルの地下のトイレで、大きいのをしている最中、ドアの上からのぞかれたそうだ!?うわさによるとここは、昔病院で、地下の大広間は死体置き場だったという説もある!?

ハリウッド・サイン

 元々1923年に不動産屋の看板として建てられたサインは「HOLLYWOODLAND」と全部で13文字あり、1932年売れない女優のペグ・エントウィスルがHの文字の上から飛び降り自殺をはかった。皮肉にも、彼女が受けた映画のオーディションの合格通知が翌日彼女の元に届いたそうだ。そんな呪われたハリウッドサインの袂へ、あなたをお連れしよう!

ヒュー・グラント・スキャンダル

の起きた現場

1995年滞在先のロサンゼルスで、売春婦と車の中で猥褻行為をしている所を、追跡していた警官に逮捕された場所。もとは、ハンバーガースタンドだったが、今は人気のメキシカンフード店に様変わりした。

『エルム街の悪夢』で使用された家

 映画『エルム街の悪夢』で使用された家。主人公ナンシーが住む家として登場し、友人たちが次々とフレディーに殺されていく。斜め向かいには、ボーイフレンド役のジョニーデップの住む家もある。

映画『ハロウィン』で使用された家

 1978年、ジョン・カーペンター監督、ジェイミー・リー・カーティス主演のホラー映画『ハロウィン』で、ドイルとウォラスの家として登場する。近くには、『エルム街の悪夢』で使用された家もある。

ボーグ・シアター

 元々は小学校と生地工場だったが、1901年の火事で全焼し、25人の生徒と1人の先生が焼死した。1936年にボーグシアターとしてオープンするが、取り壊そうとすると奇怪な事故や様々な怪奇現象が起きている。

ハリウッド・ルーズベルト・ホテル

 1927年に建てられたこのホテルは、1929年に記念すべき第1回目のアカデミー賞をホストし、当時マリリン・モンローもよく宿泊していた。そんな彼女の霊がこのホテルのエレベーター横の鏡に現れるそうだ!?

ハリウッド

ニッカボッカー・ホテル

 ハリウッドの中でも最も古いホテルで、1925年にできてから、数々の悲劇がこのホテルで起きている。例えば、映画の父と呼ばれたD.W.グリフィス監督は、このホテルのロビーで、心臓発作で亡くなった。それ以来、彼の霊がロビーをさまよう。

ハリウッド・フォーエバー墓地

 1899年にできたこの墓地は、往年のハリウッドスターたちが多数眠る墓地として有名で、俳優クリフトン・ウェッブの幽霊がさまようとして有名である。他にも、ルドルフ・バレンチノなど大物スターが眠る。

ミリ・ヴァニリのロブ・ピラトゥスが自殺未遂をしたホテル

リバー・フェニックスが

ドラッグ中毒で亡くなった現場

1993年の10月31日のハロウィンの夜、『スタンド・バイ・ミー』などで当時人気絶頂だった俳優、リバー・フェニックスが急性ドラッグ中毒でこの世を去った現場。ここは、ジョニー・デップがオーナーのクラブ。

ジョージ・マイケル・スキャンダル

の起きた公園のトイレ

1998年滞在先のホテルの真向かいにある公園のトイレで公衆わいせつの現行犯で逮捕された場所。“Outside”のプロモーションビデオでは、この事件をパロディーにしている。その後、ゲイであることを公表した。

マリリン・モンローが亡くなった家

 1962年8月5日、ブレントウッドのこの自宅で、睡眠薬の大量服用による急性バルビツール中毒で、自殺の模様と報道されたマリリンモンロー。しかし、未だに彼女の死は謎で、マフィアによる陰謀説もある。

マリリン・モンローのお墓

 葬儀は、元夫のジョー・ディマジオが取り仕切り、近親者のみの密葬に終わった。その後も、彼の計らいで毎年定期的に赤いバラが供えられたが、彼の死後はモンローのファンにより継続されている。

『ポルター・ガイスト』に出演した後に、次々に亡くなった女優たちの墓

バグジー・シーゲルが惨殺された家

 アメリカのギャングで、ホテルフラミンゴを作って、ラスベガスの開発を推進した。しかし、経営がおぼつかないことを理由に、仲間たちから信用を失ったバグジーは、1947年6月20日、この家で暗殺された。

チャールズ・マンソン率いる

カルト教団がシャロン・テート

などを惨殺した家

 1969年8月9日、チャールズ・マンソンを信奉するカルト教団が映画監督ローマン・ポランスキーの妻で、女優のシャロン・テートと一緒にいた友人ら5人を惨殺した事件が起きた家。マンソンは今も獄中にいる。

 メネンデス兄弟の

両親殺害事件現場

 1989年8月20日、ビバリーヒルズのとある豪邸で、エンターテイメント会社の重役夫婦の息子たちが、両親を銃で惨殺した事件が起きた場所。メネンデス殺人事件と呼ばれている

魔女の家

まるでグリム童話の『ヘンゼルとグレーテル』の魔女の家のようなこの家は、ヘンリー・C・オリバーが設計し、1920年代のサイレント映画に出てくる。元々カルバーシティの撮影所にあったが、1926年にビバリーヒルズに移された。

OJ シンプソン事件

の起きた場所

1994年6月13日元NFLのフットボールプレイヤーで、俳優のO・J・シンプソンの元妻、ニコール・ブラウン・シンプソンとその友人ロナルド・ライン・ゴールドマンが何者かに自宅で惨殺された。

 

FX取引を始めたトレーダー